シアリスのジェネリック医薬品タダシップ

世界で認可されているED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つがあります。
もともと狭心症の医薬品として開発されていたものから誕生した偶然の産物ですので、その作用は血中濃度をあげて血流を促すことで勃起を補助するというものです。
それぞれ異なる有用成分が使用されているため効果の程度は異なるものの、いずれも同じ作用があります。
タダシップは、このED治療薬のうちシアリスのジェネリック医薬品の一つです。
バイアグラ、レビトラ、シアリスはED治療薬の新薬ですが、新薬には開発社の権利と利益を守るための医薬品特許が設けられています。
しかし特許期間が切れると当該医薬品を開発社が独占する権利が終了し、新薬の権利と利益は誰のものでもなくなるため他の製薬メーカーが同じ有用成分や製法を用いて同等の効果を持つED治療薬を作ることができるようになります。
ここで造られるのがジェネリック医薬品と呼ばれる医薬品です。
ただし新薬と同じ商標名は使うことができませんので別名で登録をすることになります。
ジェネリック医薬品の目的は市場に安く薬を提供することです。
まず、一つの新薬を生み出すには10年~15年という歳月がかかり、開発費用も数億円に上ります。
ということは、市場に販売することができるようになればコストを回収するためにそこそこの価格で販売しなくてはなりません。
しかしジェネリック医薬品は新薬にて効果が認められている有用成分と製造過程を真似て作ることが可能であり、臨床試験も新薬にて行われているので段階を省くことができます。
よって、安く市場に提供することが可能になるのです。
実際、シアリスの価格は1錠1,500~2,000円が相場ですが、タダシップは1錠150円~500円程度となっています。
継続的に利用したい人にはうれしい価格ですね。
タダシップの有用成分はシアリスと同様のタダラフィルです。
そのため効果はシアリスと同じものが得られますので、服用のタイミングを選ばない、持続時間は最長で36時間、副作用が少なく軽いという特徴があります。
シアリス自体、バイアグラとレビトラをより優れたものにしたED治療薬で非常に人気は高く、その証明としてED治療薬としての世界での需要はナンバーワンになっています。
それが安く利用できるのですから、タダシップを購入する人は決して少なくありません。
ただし、もちろん医薬品ですので用法用量を守って服用することが重要です。
服用は1日1錠、水と一緒に噛まずに飲みます。
作用が現れるのは約30分とされていますが個人差はあります。
持続時間は最長で36時間ですが、性的刺激を与えることで勃起しますので服用中に通常の生活を送ることも問題ではありません。
あとはほかの医薬品との飲み合わせがありますので、別の薬を服用している場合は医師に相談したうえで購入するようにしてください。
ちなみにタダシップは国内では販売されていないので個人輸入にて入手することになります。

Comments are closed.